第68回VEC協賛セミナー

参加申し込みはこちら

お申し込みいただく前に、以下のことをご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。

お申し込みにおいて、お客様より提供された個人情報は、以下の目的で使用させていただきます。
1. Eメールによる参加票の配信
2. Eメールによる今後のイベント活動などのご案内(ご希望されない場合はその旨ご連絡ください。)
上記の目的以外では利用いたしません。また、お客様の情報に関しては適切な管理の下で安全に保管し、情報漏洩に関する危機に対して適切な予防ならびに是正処置に努めて参ります。どうかご理解のうえ、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルス禍の下で、世界で何が起きているか?


新緑の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルスショックで、企業活動も制限がかかり、人との交流機会も減少している中、VECでは、テレセミナーを開催させていただきます。

会場参加資格・参加費受付
Google Meetでのテレセミナーです。VEC会員以外参加可
参加費無料
申し込み受付中です

プログラム

基調講演

13:00~13:40

講演題目
「COVID-19で再考するデジタル・トランスフォーメーション」
講演者
VEC会長 東京農工大学 教授 山下 善之 様
講演内容
COVID-19対応でリモートワークなど働き方そのものに大きな変化が強制的にもたらされたが、デジタル・トランスフォーメーション(DX)に向けて準備ができていない点も明らかとなってきた。ここでは、DX推進の成熟度レベルを評価する指標について共有し、今後のDX推進につなげたい。

セッション1

13:40~14:10

講演題目
「Industrie4.0/Connected Industries への対応に必要なセキュリティの要件と解決法」
~RRI WG1「グローバルデータ流通管理基盤検討SWG」で議論されていること~
講演者
協賛会員 NTTコミュニケーションズ株式会社 エバンジェリスト 境野 哲 様
講演内容
DXによって生産性を向上させ第四次産業革命に対応するには、IoTデータを国境や業界を越えてセキュアに共有できるプラットフォームが必要になると考えられる。ここでは、そうしたデータ流通基盤に求められる要件に関するRRIでの議論の内容と、欧州で開発され標準化が進んでいる次世代データ基盤「GAIA-X」の概要を解説し、日本の企業が取るべき対応について提言する。

セッション2

14:20~14:50

講演題目
「今、問われる Risk Hedging Measures」
講演者
株式会社ICS研究所 代表取締役社長 村上 正志 様
講演内容
・新型コロナ禍の「生き残り戦略 Survival strategy」
・深刻化するサイバー攻撃と制御システムセキュリティ対策
・米中、欧、日本市場の動向
・Risk Hedging Measuresできるとは、自律分散型社会
について述べてみたいと思います。

休憩 14:50~15:00

テレ・ディスカッション1

15:00~15:30

テーマ
「新型コロナウイルス禍の影響とその後の対応について」
概要
2019年12月後半から中国で始まった新型コロナウイルスの流行ですが、世界中に流行して、医療崩壊を招くなどでロックダウンや経済活動自粛を要請など、国ごとに政策が異なって大変な状況下にあります。影響を受けている度合いは企業ごとに違っていると思います。どれほど影響を受けているのか? その後の対応についてどう考えているのか?を情報共有しておきたいと思います。
パネラー
山下会長、VEC事務局長
ゲスト
産業界におけるキーパーソンを予定しております。

テレ・ディスカッション2

15:30~16:30

テーマ
「新型コロナウイルス禍の下で、世界で何が起きているか?」
講師
新型コロナウイルス禍の下で、世界中で何が起きているのかについて、認識共有したいと思います。
<取り上げる予定の話題>
サイバー攻撃事例最新情報、制御システムセキュリティ対策情報、ISA/IEC62443認証制度情報、米国CISA情報、EUのENISA情報、AI技術動向、GAIA-X情報、米国IIC情報、Industry4.0/5.0情報、OPC Foundation情報、その他
パネラー
山下会長、VEC事務局長
ゲスト
産業界におけるキーパーソンを予定しております。