受付中のイベント・セミナー

イベント・セミナー開催履歴

VEC会員各位/第16回VEC総会

詳細・参加申し込みはこちら

日に日に温かくなって参りました。皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。
VEC会員皆様のおかげを持ちまして、VECを1999年に発足してから、16年が経過しようとしております。これもVEC会員皆様ご支援ご鞭撻の賜であると心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
VEC事務局は4月1日より、東京都台東区から千代田区へ移転しました。
名前もVirtual Engineering Communityとなりホームページも新しくなりました。
https://www.vec-community.com/ja/ リニューアルしたVECです。

来る6月19日に、東京にて、第16回VEC総会を開催させていただきたく、ご案内申し上げます。
時代の変化や昨今の各業界における動向も踏まえながら、どのようなソリューションが必要かをユーザー会員と正会員・情報会員の間をもっと近づけるVEC活動を展開したく考えます。また、会員の皆様からは、コンプライアンス性についてのご意見などもいただいており、4月の運営委員会で審議していただいた結果を持って、総会へ審議提案させていただきます。
その具体的プランを今回のVEC総会でご承認いただきたくVEC会員皆様のご参加を賜りますようお願いする次第です。
VEC会員様には、ご予定調整の上、ご参集賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

会場参加資格・参加費受付
東京グランドホテル
芙蓉の間 地図
同日の午後、同じ場所で
第53回VEC協賛セミナー
開催されます。
VEC会員のみ参加可
参加費無料
申し込み受付中です

第53回VEC協賛セミナー/日本の強みを造り出す -制御システムを設計する技術-

詳細・参加申し込みはこちら

今回のVEC協賛セミナーは、VEC協賛/正会員のシーズトレンド情報の中から日本の強みとなる要素を選抜して企画してみました。
ご都合調整の上、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

会場参加資格・参加費受付
東京グランドホテル
芙蓉の間 地図
VEC会員以外の方もご参加ください
参加費無料
申し込み受付中です

公開セミナー/名古屋開催/これからの日本の強さ “Industry4.1J”とセキュアな制御システムを実現するには

詳細・参加申し込みはこちら

インターネットを利用したコンピュータによる統括管理CIM(Computing Integration Manufacturing)の実現であるIndustry4.0のソリューションは良いのだが、サイバー攻撃の脅威でインターネットが使えないことで、工場や施設のアセットマネージメント及びCIMを低コストで実現できないことで、市場競争でのハンディを抱えているのではないでしょうか。その問題を解決するべくご提案しているのが“Industry4.1J”です。

また、サイバー攻撃対策としてのセキュアな生産現場を創り上げるのに何をすれば良いかお悩みの方はいませんか?2010年イランのウラン濃縮施設の遠心分離器を破壊したStuxnetの登場以前は、PCやServerの負荷を取られるワームや通信のメモリオーバーやSQLインジェクションなどが多かったのですが、その後、サイバー攻撃側による制御システムの研究も進み、OPC Classicの通信データ搾取までできるHavex(Dragon fly)まで登場しています。インターネット上ではインターネットにつながる制御装置を自動で探し出し情報公開しているSHODANが2012年から現在も稼働中です。2014年12月には、ドイツの鉄鋼所がサイバー攻撃にあって操業停止に追い込まれ使用不能になってしまいました。

「サイバー攻撃にあったら安全に止められれば良い」とお考えの方、どうやってサイバー攻撃にあっているのかを検知できますでしょうか?復旧作業に手間取り一週間から一ヶ月間操業できなかったら、どれだけの売上損失になるか?もっと現実的な対策をお考えいただきたいところです。
それらの課題を解決するべく、本公開セミナーを開催することにしました。
ご都合を調整の上、是非、ご参加いただきたくご案内申し上げます。

会場参加資格・参加費受付
NTTコミュニケーションズ株式会社
東海支店
愛知県名古屋市中区錦1-10-20
アーバンネット伏見ビル
VEC会員以外の方もご参加ください
参加費無料
申し込み受付中です

公開セミナー/大阪開催/これからの日本の強さ “Industry4.1J”とセキュアな制御システムを実現するには

詳細・参加申し込みはこちら

インターネットを利用したコンピュータによる統括管理CIM(Computing Integration Manufacturing)の実現であるIndustry4.0のソリューションは良いのだが、サイバー攻撃の脅威でインターネットが使えないことで、工場や施設のアセットマネージメント及びCIMを低コストで実現できないことで、市場競争でのハンディを抱えているのではないでしょうか。その問題を解決するべくご提案しているのが“Industry4.1J”です。

また、サイバー攻撃対策としてのセキュアな生産現場を創り上げるのに何をすれば良いかお悩みの方はいませんか?2010年イランのウラン濃縮施設の遠心分離器を破壊したStuxnetの登場以前は、PCやServerの負荷を取られるワームや通信のメモリオーバーやSQLインジェクションなどが多かったのですが、その後、サイバー攻撃側による制御システムの研究も進み、OPC Classicの通信データ搾取までできるHavex(Dragon fly)まで登場しています。インターネット上ではインターネットにつながる制御装置を自動で探し出し情報公開しているSHODANが2012年から現在も稼働中です。2014年12月には、ドイツの鉄鋼所がサイバー攻撃にあって操業停止に追い込まれ使用不能になってしまいました。

「サイバー攻撃にあったら安全に止められれば良い」とお考えの方、どうやってサイバー攻撃にあっているのかを検知できますでしょうか?復旧作業に手間取り一週間から一ヶ月間操業できなかったら、どれだけの売上損失になるか?もっと現実的な対策をお考えいただきたいところです。
それらの課題を解決するべく、本公開セミナーを開催することにしました。
ご都合を調整の上、是非、ご参加いただきたくご案内申し上げます。

会場参加資格・参加費受付
NTTコミュニケーションズ株式会社
西日本営業本部 地図
大阪府大阪市北区堂島3-1-59
NTTテレパーク堂島第一ビル
VEC会員以外の方もご参加ください
参加費無料
申し込み受付中です

公開セミナー/北九州開催/これからの日本の強さ “Industry4.1J”とセキュアな制御システムを実現するには

詳細・参加申し込みはこちら

インターネットを利用したコンピュータによる統括管理CIM(Computing Integration Manufacturing)の実現であるIndustry4.0のソリューションは良いのだが、サイバー攻撃の脅威でインターネットが使えないことで、工場や施設のアセットマネージメント及びCIMを低コストで実現できないことで、市場競争でのハンディを抱えているのではないでしょうか。その問題を解決するべくご提案しているのが“Industry4.1J”です。

また、サイバー攻撃対策としてのセキュアな生産現場を創り上げるのに何をすれば良いかお悩みの方はいませんか?2010年イランのウラン濃縮施設の遠心分離器を破壊したStuxnetの登場以前は、PCやServerの負荷を取られるワームや通信のメモリオーバーやSQLインジェクションなどが多かったのですが、その後、サイバー攻撃側による制御システムの研究も進み、OPC Classicの通信データ搾取までできるHavex(Dragon fly)まで登場しています。インターネット上ではインターネットにつながる制御装置を自動で探し出し情報公開しているSHODANが2012年から現在も稼働中です。2014年12月には、ドイツの鉄鋼所がサイバー攻撃にあって操業停止に追い込まれ使用不能になってしまいました。

「サイバー攻撃にあったら安全に止められれば良い」とお考えの方、どうやってサイバー攻撃にあっているのかを検知できますでしょうか?復旧作業に手間取り一週間から一ヶ月間操業できなかったら、どれだけの売上損失になるか?もっと現実的な対策をお考えいただきたいところです。
それらの課題を解決するべく、本公開セミナーを開催することにしました。
ご都合を調整の上、是非、ご参加いただきたくご案内申し上げます。

会場参加資格・参加費受付
パークサイドビル
9F小会議室1・2 地図
福岡県北九州市小倉北区堺町1-6-13
VEC会員以外の方もご参加ください
参加費無料
申し込み受付中です

公開セミナー/東京開催/これからの日本の強さ “Industry4.1J”とセキュアな制御システムを実現するには


※申し訳ございませんが定員に達したため、申し込みを締め切りました。

詳細はこちら

インターネットを利用したコンピュータによる統括管理CIM(Computing Integration Manufacturing)の実現であるIndustry4.0のソリューションは良いのだが、サイバー攻撃の脅威でインターネットが使えないことで、工場や施設のアセットマネージメント及びCIMを低コストで実現できないことで、市場競争でのハンディを抱えているのではないでしょうか。その問題を解決するべくご提案しているのが“Industry4.1J”です。

また、サイバー攻撃対策としてのセキュアな生産現場を創り上げるのに何をすれば良いかお悩みの方はいませんか?2010年イランのウラン濃縮施設の遠心分離器を破壊したStuxnetの登場以前は、PCやServerの負荷を取られるワームや通信のメモリオーバーやSQLインジェクションなどが多かったのですが、その後、サイバー攻撃側による制御システムの研究も進み、OPC Classicの通信データ搾取までできるHavex(Dragon fly)まで登場しています。インターネット上ではインターネットにつながる制御装置を自動で探し出し情報公開しているSHODANが2012年から現在も稼働中です。2014年12月には、ドイツの鉄鋼所がサイバー攻撃にあって操業停止に追い込まれ使用不能になってしまいました。

「サイバー攻撃にあったら安全に止められれば良い」とお考えの方、どうやってサイバー攻撃にあっているのかを検知できますでしょうか?復旧作業に手間取り一週間から一ヶ月間操業できなかったら、どれだけの売上損失になるか?もっと現実的な対策をお考えいただきたいところです。
それらの課題を解決するべく、本公開セミナーを開催することにしました。
ご都合を調整の上、是非、ご参加いただきたくご案内申し上げます。

会場参加資格・参加費受付
株式会社カスペルスキー
トレーニングルーム
東京都千代田区外神田3-12-8
住友不動産秋葉原ビル 7F
VEC会員以外の方もご参加ください
参加費無料
申し込みを締め切りました

第6回VEC制御システムセキュリティ対策カンファレンス/標的型サイバー攻撃の脅威から制御システムを如何に守るか “制御システムセキュリティ対策最前線” 「今、現場で必要な制御システムセキュリティ対策は何か?」


※申し訳ございませんが定員に達したため、申し込みを締め切りました。

詳細はこちら

第6回の制御システムセキュリティ対策カンファレンスは、
「今、現場で必要な制御システムセキュリティ対策は何か?」
ということで現場の操業をサイバー攻撃から守るために何が必要なのかを掘り下げたカンファレンスを開催します。
対象は、制御システムや制御装置や機械・ロボットを使って操業しているアセットオーナー及び計装エンジニア、並びに制御装置設計者、機械設計者、ロボット設計者の方々及び品質保証、商品企画、マーケティング部門の方々を対象に開催します。

会場参加資格・参加費受付
東京 東京グランドホテル
桜の間 地図
VEC会員以外参加可
参加費無料
会場の定員に限りがありますので、
満席になり次第受付終了となります。
申し込みを締め切りました