第66回VEC協賛セミナー

参加申し込みはこちら

お申し込みいただく前に、以下のことをご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。

お申し込みにおいて、お客様より提供された個人情報は、以下の目的で使用させていただきます。
1. Eメールによる参加票の配信
2. Eメールによる今後のイベント活動などのご案内(ご希望されない場合はその旨ご連絡ください。)
上記の目的以外では利用いたしません。また、お客様の情報に関しては適切な管理の下で安全に保管し、情報漏洩に関する危機に対して適切な予防ならびに是正処置に努めて参ります。どうかご理解のうえ、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

高度化する技術/センシング/通信/制御/情報/知能の最新動向
~スマートマニュファクチャリング/スマートグリッド/スマート社会を考える~


1999年6月にスタートしましたVirtual Engineering Communityも今年で20周年となります。その記念すべき時に、VEC会長と関連機関及び団体の方にご講演をお願いしました。また、VECにご協力をいただいている国立研究開発法人産業技術総合研究所様、日本OPC協議会様にもご講演をお願いしました。

スマートマニュファクチャリングやスマートグリッド、スマート社会を支える技術としてセンシング、通信、制御、情報、知能などが構造化し、連携融合したソリューションでスマート社会を実現していくことにより、どのような課題があるのかを共有し、問題解決の方向性を確認していきたいと思います。
皆様のご参加をお待ちしております。

会場参加資格・参加費受付
THE LANDMARK SQUARE TOKYO ザ ランドマークスクエア トーキョー
29F MONICA(モニカ) 地図
VEC会員以外参加可
参加費無料
定員70名
申し込み受付中です

<会場内にVEC会員各社による展示がございます。是非ご覧ください。>

受付開始: 12:30~

特別講演

13:00~13:40

講演題目
「製造業のデジタル・トランスフォーメーションに向けて」
講師
VEC会長 東京農工大学 大学院工学研究院 教授 山下 善之 様
概要
製造業におけるデジタライゼーションは、PoCからより具体的な段階へと突入し、事業展開を支える基盤としてAI・IoTを活用しようとする動きが活発化しています。ここでは、製造業のデジタル・トランスフォーメーションとその要素技術について最新動向をご紹介します。

セッション1

13:40~14:10

講演題目
「AI活用の次世代ドキュメント管理技術の動向」
講師
国立研究開発法人産業技術総合研究所 サイバーフィジカルセキュリティ研究センター インフラ防護セキュリティ研究チーム長 工学博士 大崎 人士 様

休憩10分間

特別講演

14:20~15:00

講演題目
「生産現場で利用できるAI,IoT,ビッグデータ」
講師
VEC学術会員 早稲田大学 大学院情報生産システム研究科 教授 藤村 茂 様
概要
第4次産業革命を実現するために、製造業は情報技術を利用して、新製品マーケティング・開発、製造管理、品質管理、カスタマサービスなどの様々なフェーズに対して大きな変革を起こそうとしています。日本の製造業においても、IoTや第3次AIブームによって、製造現場へ情報技術の導入が多く進められています。そして最近は、単なる技術の導入ではなく真のブレークスルーに向けた取り組みにシフトしてきています。本講演では、実際の生産現場で利用できるこれらの技術の展開方法について整理し今後の展望を概説します。

セッション2

15:00~15:30

講演題目
「データモデル/情報モデル連携を実現するOPC UAとリアルシステムのOPC UA TSN」
講師
日本OPC協議会 富士電機株式会社 坂本 節夫 様

休憩10分間

セッション3

15:40~16:20

講演題目
「IoT、AI、CPPS、セキュアなスマートマニュファクチャリング」
講師
VEC学術会員
- 株式会社ICS研究所 代表取締役社長 村上 正志 様
概要
AIには4つのタイプがあるようです。そのAIのタイプをどのように組み合わせると理想的なスマートマニュファクチャリングを実現できるのか、そのAIのシステム設計を実現するのにどのような設計上の課題と技術が必要となるのかを取り上げてお話しします。

終了予定: 17:00